コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

白髪の原因と悩みを解決するためのポイント

どうして白髪になるかを知ることで、白髪の症状を改善するための手がかりが得られます。

人間の髪は、メラニン色素が含まれていなければ白であり、色素が加わることで黒くなります。

メラニン色素にはユーメラニンとフェオメラニンという種類があり、この割合によって髪の色が決まります。

白髪が生えてくる理由は、本来あるべきメラニン色素が生成されないためです。

本来は毛根で髪がつくられる時に生成されるメラニン色素が不足するために、髪が黒くならないわけです。

メラニンを作るには、ヨウ素やチロシンという栄養素が関わっています。

ヨウ素の働きでメラノサイトというホルモンが分泌され、細胞に働きかけることによってメラニンが生成されます。

メラニンを生成するには、チロシンが必須です。

どんなにメラノサイトが多くても、チロシンがなければそもそもメラニンが増やせません。

ヨウ素は昆布やひじきなど海藻にチロシンはチーズ、バナナ、アボカド、大豆などに多く含まれています。

食事内容を見直し、黒髪をつくるために必要な栄養成分を摂取しても、栄養が届かなければ意味がないことにも注意しましょう。

髪をつくるために必要な栄養は血液によって運搬されていますので、血流が良いことが髪の健康には大事です。

白髪の悩みを解決するには、メラニンに関わりのある栄養成分を摂取して、頭皮のマッサージをすると良いでしょう。